--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-23(Fri)

1回きりのお客様を100回客に育てなさい

1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)
(2009/03/05)
高田 靖久

商品詳細を見る


題名に惹かれて読んでみました。
この本の中で「3日で忘れる」っていうのはあたっていると思う。
だから3日後にサンキューメールを送り、記憶を思い出させるっていうのはあたっているなあと思った。
そして何回も同じ人に来てもらうことの方が大事みたいなこともなんとなく分かるような気がする。

私の体験でも3回以上会う人っていうのは、その後何回も会うっていうのがあって(特にデートが3回以上の人が付き合っているような・・・)ちょっと違うかもしれないけど、リピートしてもらうっていうのは意外と大変。
だから本に書いてあるのはあたってるなあって。
でもちゃんとお店に内容(味が自慢とか)とかがあって、自分をアピール店には効果的かなって思います。
スポンサーサイト
2009-10-19(Mon)

生活保護VSワーキングプア

生活保護VSワーキングプア (PHP新書)生活保護VSワーキングプア (PHP新書)
(2008/01/16)
大山 典宏

商品詳細を見る


この本を読んで生活保護の実情と報道の誤りを痛感しました。
生活保護って受けたら怠け者みたいな感じで私はとらえてました。
働ける人はダメみたいな。
でも世の中には働きたくても働けない人とかもいるんだなって。
ただ畠山鈴香被告みたいに娘がいるというだけで児童手当もらったり生活保護をうけて働かないという例もあるのも今の世の中の実情なんだろうなあってことも書いてあり、考えさせられる文面もありました。
みんなで生活保護ということに真剣に考えて助け合っていかなきゃいけないんですよね。
2009-10-07(Wed)

FPフェアに行ってきました

10月3・4日におこなわれたFPフェアに行って来ました。
ウインクあいちという新しい建物。名古屋駅から近く立地条件がいい建物でした。

私は3日の昼からあった講義が聴きたくて行って来ました
聴いた講座はNPO法人パオッコ理事の太田差恵子さんの「遠距離介護のコツ」です。
今介護が身近な問題になっている私にとって、参考になることばかりでした。

まだ遠距離ではないんだけど、介護についていろんなことが通じるものがあるんですよね。
同居問題とかも難しいって言ってました。
介護するなら同居って簡単にいうけど、生活環境とかでなかなか同居って難しいんですよね
遠距離介護っていう言葉があるんだなって思ったことと、こういったことでNPOがあるんだなあっていうことに感心しました。

遠距離介護の役立つキーワードとして
・大風呂敷
・取材記者
・時代背景

だそうです。
大風呂敷というのは「絶対自分がやる」とか言い切らない。
いつできるかわからなくなるからだそうです。
取材記者っていうのは冷静になっていろんな方に対応するということ。
時代背景は忘れてしまいました・・・

講義が終わっていった「上手な暮らしとお金展」はそんなに期待していかなかった分だけ意外と面白かったです。

株式会社日本経済新聞社のブースでは「日経ヴェリタス」頂いちゃいました
なんでそんなに高いのかなって思ったけど、高いだけあります。
だって読み応え十分な内容でしたもん。

ピーシーエー・アセット・マネジメント株式会社のブースでは、くまちゃんのマスコットがもらえるというだけでインド検定というものをやりました。
インド検定の結果は散々でしたが、ちょっとインドに興味を持ちました

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社のブースでは前から興味があったSPDR®ゴールド・シェアについて聴くことができました。

こういった展示会一般の方も行ったら面白いのになあ。
来年はどこで開催するんだろう。また行きたいです♪








最近のコメント
最近の記事
プロフィール
私のホームページです



最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード


ブログ内検索

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メルマガ購読・解除
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。