--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-31(Thu)

ユナイテッド・マルチ・マネージャー・ファンド1(愛称フルーツ王国)

文字色ユナイテッド・マルチ・マネージャー・ファンド1(愛称フルーツ王国)

第13期運用報告書 決算日2007年9月25日
期首3月26日基準価格 9,407円 期末 9,583円 騰落率 1.9%
期末 株式組入比率 62.5% 株式先物比率 △60.2% 債券組入比率 22.8%
    債券先物比率 △34.6%

運用経過
☆分散投資の徹底と多様な利益機会
☆マルチ・マネジャーによる運用
☆低リスクでの運用

今後の市場見通しと運用方針
海外株式市場
 大統領選挙を控え、雇用問題の改善や社会的弱者救済に政治圧力が加わりやすい状況はFRBの金融調節姿勢を過度に緩和させる可能性を内包しているものと考えられる。
世界の株式市場にとって大きな追い風になることが予想。
日本株式市場
 米国が金融危機に緩和策で対処したことで、概ね底堅い展開となることが予想。
一方原油や金などの商品価格の上昇にも注意が必要となってきており、これらが相場の上値を抑える動きになると予想。
海外債券市場
 インフレ圧力が顕著に低下しない限り、FRBは更なる利下げを行うことに慎重になると考えられます。よって金利の更なる低下は難しい可能性が高いため、ベンチマークに対してデュレーションを短くする運用を継続。
日本債券市場
 慎重な姿勢をとりつつ購入機会をうかがっていきたい。
為替市場
 引き続きドル安基調が継続する。
今後の運用方針
 金融市場に目をむけると今回のサプライム問題に対して金融緩和で米国が対応したことから、株式や商品などの資産価格がいわゆるバブル現象を引き起こしつつあり、波乱の展開も予想。当ファンドでは引き続き機動的なヘッジ操作を行うことで市場の変化に対応する予定。

投資信託財産の構成
ユナイテッド・アカディアン・日本株式マザーファンド
ユナイテッド・アカディアン・グローバル株式マザーファンド
ユナイテッド・クレイ・フィンレー・日本株式マザーファンド
ユナイテッド・クレイ・フィンレー・グローバル株式マザーファンド
ユナイテッド・日本債券マザーファンド
ユナイテッド・グローバル債券マザーファンド
ユナイテッド・日本債券マザーファンド
ユナイテッド日本株式マザーファンド

配当金 11期~13期はありません。

販売会社 
荘内銀行 信金中央金庫 損保ジャパンDC証券 セントラル短資  ソニー銀行 鳥取銀行 新光証券 イーバンク銀行 SBIイー・トレード証券 マネックス証券 北海道銀行 足利銀行
三重銀行 日興コーディアル証券(投信スーパーセンター専用) 日本アジア証券

私はSBIイー・トレード証券で購入しました。




スポンサーサイト
最近のコメント
最近の記事
プロフィール
私のホームページです



最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード


ブログ内検索

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メルマガ購読・解除
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。