--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-29(Thu)

日経ヴェリタス

AFPの教育講座として日経ヴェリタスを半年読むことになりました。
これを読むってすごく大変。

大丈夫でしょうか・・・
スポンサーサイト
2011-09-19(Mon)

FPフェアin京都

去年は埼玉だったので行くのをやめましたが、今年は京都。
だったら日帰りできるじゃんと思い、18日の日曜日だけ行ってきました。

私はとりあえず午前中は企業のブースをみたり講演会を聴いたりしてました。
企業のブースが名古屋の時より少なくて、景気が悪いのかなって思ってしまった。

誰でも聞ける講演会でテーマが『自然にお金が貯まっテク!?楽しく続ける節約家計術』というもの。

聞いていた勉強になったのが人にはお金を貯めれる次期が4回あるそうなんです。

1回目独身時代 2回目結婚して子供がいなくて共稼ぎの時期

3回目子供が義務教育の時期 4回目子供が大学などをでて働きに出た時期

なんだそう。

でも今は結婚が遅く子供を産む時期が遅いので4回目の時期が短いそう。

だから老後の時期のための貯蓄を考えていって毎月無理なく貯めれるお金を設定して自動引き落としなどでいつのまにか貯まっていくやり方で貯めなきゃいけないんだそう。

夢の実現もメモするといいっていいけど、お金もそうかもしれませんね。

老後のためとか思わずに旅行に行きたいから毎月こんなけ貯めるとかでもいいんだそう。

日本人はどうしてもお金の話はタブーという感じがあるけど、でも子供には小さい頃からお金についての危機管理はしておきたいなあって思いました。

お弁当を食べた後は昼からの講演会へ。
近藤典子さんの講演も聞きたかったのですが、13時から講演会があったので断念。

私が昼から聴いた講演は
『老後の資金準備は現役時代に完了させる!』
講師は山崎俊輔さんという方。
私たちの時代には年金がもらえるのが70歳からかもしれないと聞き、焦ってしまった。
確定拠出年金興味が湧きました。


もう一つは『がんのお金で困らないためのアドバイス』という講演会を聴きました。

講師は黒田尚子さんという自身も乳がんを経験された方なんです。

だから体験をもとにがんにかかった時にどんなふうにお金がかかるかということを話していました。

黒田さん自身はがんにかかるとは思わずにがん保険に入っていなかったそう。

なんでもそうなんだけど、病気になってからじゃ保険って入れないんですよね。聞きながら自身の保険をちゃんと見直そうって思いました。

もちろん家族もね

がんとお金の本がんとお金の本
(2011/08/18)
黒田 尚子

商品詳細を見る

黒田さんがつい最近だされたそう。興味あります。

なんとか1.5単位ずつで3単位。
来年の7月に更新になるからあと10単位なんとかしなくては・・・
2011-05-21(Sat)

久々のSGグループでの勉強会

全然行ってなかったFPのグループの勉強会。

今回のテーマが『自閉症児の金銭理解への療育支援』ということですごく興味深かったんで名古屋に行ってきました。

障害児をお持ちということでいろいろ勉強なさっている姿がすごいなあって思いました。

私は子供がいるんでこういった発達障害のことは少しは友達に聞いていたりするんですが、発達障害のこと自体みなさん知らない方が多かったです。

やっぱり身近なことじゃないとスルーする問題なのかもしれないなあ。

療育手帳のことやどうやっていろんな制度を利用していることも勉強になり、行ってよかった勉強会でした。



2010-01-17(Sun)

FPの勉強会

昨日FPの勉強会に初参加しました。
そこのグループはそれぞれみんなで講師をするという感じでした。
そういったそれぞれの特性をいかした勉強会っていうのも面白いかも。
2時間という時間があっという間でした。
終わった後は飲み会だったのですが、次回は参加したいですね。
2009-10-07(Wed)

FPフェアに行ってきました

10月3・4日におこなわれたFPフェアに行って来ました。
ウインクあいちという新しい建物。名古屋駅から近く立地条件がいい建物でした。

私は3日の昼からあった講義が聴きたくて行って来ました
聴いた講座はNPO法人パオッコ理事の太田差恵子さんの「遠距離介護のコツ」です。
今介護が身近な問題になっている私にとって、参考になることばかりでした。

まだ遠距離ではないんだけど、介護についていろんなことが通じるものがあるんですよね。
同居問題とかも難しいって言ってました。
介護するなら同居って簡単にいうけど、生活環境とかでなかなか同居って難しいんですよね
遠距離介護っていう言葉があるんだなって思ったことと、こういったことでNPOがあるんだなあっていうことに感心しました。

遠距離介護の役立つキーワードとして
・大風呂敷
・取材記者
・時代背景

だそうです。
大風呂敷というのは「絶対自分がやる」とか言い切らない。
いつできるかわからなくなるからだそうです。
取材記者っていうのは冷静になっていろんな方に対応するということ。
時代背景は忘れてしまいました・・・

講義が終わっていった「上手な暮らしとお金展」はそんなに期待していかなかった分だけ意外と面白かったです。

株式会社日本経済新聞社のブースでは「日経ヴェリタス」頂いちゃいました
なんでそんなに高いのかなって思ったけど、高いだけあります。
だって読み応え十分な内容でしたもん。

ピーシーエー・アセット・マネジメント株式会社のブースでは、くまちゃんのマスコットがもらえるというだけでインド検定というものをやりました。
インド検定の結果は散々でしたが、ちょっとインドに興味を持ちました

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社のブースでは前から興味があったSPDR®ゴールド・シェアについて聴くことができました。

こういった展示会一般の方も行ったら面白いのになあ。
来年はどこで開催するんだろう。また行きたいです♪








最近のコメント
最近の記事
プロフィール
私のホームページです



最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード


ブログ内検索

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メルマガ購読・解除
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。